心をこめる

式場

結婚式が決まった、めでたい、幸せだ、舞い上がりたい気持ちになるかと思いますが、その後にやることは実はかなり多かったりするのです。特に招待客の選別と招待状の作成です。まず、人数を決めないと結婚式場や披露宴をするなら会場が決まりませんし、引き出物なども用意することができないのです。浮かれたい気持ちはひとまず押さえつけて、やるべきことを素早くはじめなければいけないのです。 そして招待客が決まったら次は急ぎ招待状の作成をしなければいけないのですが、これに関しては手作りか業者に頼むのかの選択を迫られます。どちらにするかは新郎新婦のお好みでいいのですが、招待客の人数によってどちらになるのかが大きく左右されてくるのです。

家族、親戚などのアットホームな結婚式なら招待客もそれほど多くはありませんし、手作りでも十分に対応できます。それどころか温かみがあってかえっていいかもしれないです。対して多くの人を招く場合、招待状を手作りするのはかなり無理が出てくるかと思います。結婚式までの間、他にもやることがあるので招待状だけに関わっていることはできなくなります。では業者に頼む場合ですが、様々な会社があってしっかりと比較して、自分たちの好みの、さらには納得できる価格の社を探すべきです。そして納期の日にちをしっかりと確認すること、間に合わなかったなんてことになったらシャレにもならないのです。 大切な結婚式、招待客に喜んでもらえるように精一杯頑張っていきたいものです。

既製品それともオーダー

白っぽい薔薇のカード

披露宴は花嫁の晴舞台であり、その時に着用するウエディングドレス選びは大切です。ウエディングドレスも高いものから安いものまで取り揃えているので、自分に似合うドレスを選び舞台を飾りましょう。

Read more

雰囲気が決まる

赤い薔薇のカード

結婚式場は数ある式場のなかから選択しなければいけません。式場はホテルなどの宴会場などを借りたりするのが殆どであり、それぞれ引き出物や食事のプランが違うためトータル的に見て選択するようにしましょう。

Read more

予算を押さえた結婚式

新郎新婦

結婚式や披露宴は数百万円と費用がかかり、式を断念する人もいます。しかし今は式のスタイルも多様化しているため格安結婚式というのもあり、通常に比べると安く結婚式を迎えることができます。

Read more

ボード完成まで

結婚式はお客様をおもてなすことが基本となっています。そのため式場などの入り口にはウェルカムボードを作成しイベントを盛り上げます。最近は新郎新婦の似顔絵をボードに作成しているのが流行りです。

Read more